胴のくびれ

認印イメージ

会社で使用される印鑑にも「実印」や「銀行印」や「認印」が存在しますが、これらはまとめて「法人印」と呼ばれることもあります。
法人印は家庭で使用されている個人用の印鑑とはどこが違うのでしょうか。

まず、簡単に説明すると見た目が異なっています。
印面では、個人用がフルネームや姓のみ、下の名前のみといったところですが、法人印では会社の名前も併記されています。
デザインの違いも一目瞭然。
二重円になっており、会社名が外側に、代表者名などが内側の円の中に彫られています。
印鑑の持ち手部分も形状には差があり、胴の中央部分がくびれています。

これは「天丸」という形で、手のひらに収まるところが丸くなっていることで、持ちやすいのが特徴です。
一方、個人用で使用されている、まっすぐな胴体の印鑑は「寸胴」と呼ばれています。
法人印に「天丸」が多いのは、それが慣習だからという理由が一番有力なようです。
また、「天丸」と「寸胴」で、個人法人を区別しやすいという事情もあるかもしれません。
法人用の「実印」は、法務局へ登録する企業や各種法人の代表印です。

【@印鑑の印鑑辞典】
大事な印鑑を盗難、紛失した場合の対処方法について

また、法人用の「銀行印」も、金融機関に口座を開設する際に届け出る大切な印鑑。
「認印」は、書類の確認などに使用されています。
会社で使う「銀行印」は、個人用以上にしっかりとした管理とセキュリティーが必要。
個人であれば、自分が管理すればいい話ですが、法人印では会社員を信頼して預けなければなりません。
同一人物が何本も管理するような体制は問題があります。

ページの先頭へ