迅速な対応で被害を防ぐ

銀行印イメージ

「銀行印」は、通帳が自分の持ち物であることの証明です。
日常的に郵便物の受け取りなどに使っている「認印」とは違い、「実印」や「銀行印」の紛失はたいへん深刻。
もしも、「銀行印」を誰かに悪用されてしまった場合はどうでしょう。
預貯金などを勝手に引き出されるという怖れもあるのです。
万一、「銀行印」をなくした場合は、素早い対処が求められます。

まず第一に、すぐにその印鑑を届け出ている金融機関へ連絡を入れましょう。
そこで預貯金の支払い停止手続きを行うのです。
これは第三者に不正に預貯金を引き出されるのを防ぐため。

【銀行印の売れ筋ランキングベスト3】
売れ筋の銀行印の材質は、薩摩本柘やアグニ、チタン リッチブラックです。

また、このときは、あとでなくした印鑑が発見されたり、手元に戻ってきた場合でも、やはり念のために改印してください。
戻ってきた印鑑が、実はコピーされていたり、そのもの自体が偽造品や複製品ということもあり得るからです。
盗難が疑わしい場合には、警察署へ通報しましょう。

そして、金融機関には、なくした印鑑が使われた形跡に気づいたら、すぐ教えてもらえるように取り計らっておくようにします。
これは「実印」の場合も同様です。
「実印」は不動産などの財産に関わっている場合が多いので、やはり紛失してしまったときには「銀行印」のような対処法を取る必要が。

ただ、一番良いのは、もちろん印鑑の管理をきちんとして、紛失したりしないことですね。
印鑑は、金庫や、安易に見つからないような場所に保管しましょう。

ページの先頭へ