判子の印材を変えることで見分ける

実印イメージ

たとえば「実印」ですが、これは個人を特定するための印鑑で、役所に届け出ても印鑑登録できるのは一本と限られています。
これはセキュリティー的にも大切なことで、個人には「実印」は一本しか許されていないのです。
普段、郵便物の受け取りなどにも使用されている「認印」も一本あれば十分ですよね。
もちろん家に数本あっても困りません。
出したりしまったりする「認印」はどこにしまったか忘れがちになることも多々。
2~3本あっても困りませんが、判子は判子。
契約書などに捺印すると「実印」や「銀行印」などと同等の効力を示すので、扱いは丁重に。

【実印の売れ筋ランキングベスト3】
実印の作成なら激安通販の【@印鑑】へ。不動産登記や自動車購入に必要な実印を、高品質かつ低価格でご提供しております。

さて、1本でも事足りる「実印」や「認印」とは違って、セキュリティー面から1本だけの「実印」とは逆に、同じく安全性という意味から何本も持っていたいのが「銀行印」です。
しかも、金融機関ごとに印鑑を登録しておくのが理想的。
どの通帳も同じ1本の印鑑で登録するという行為は、危険極まりません。
もしもその1本を紛失してしまった際には、全ての金融機関の被害が及ぶリスクをはらんでいるためです。

ただ、確かに「銀行印」が何本もあると、どの銀行の通帳がどの印鑑なのか混乱してしまうこともあるかもしれません。
しかし、そんなときには、判子の印材を変えることで見分けるという方法もあります。
印鑑には色々な印材がそろっています。
黒水牛、柘植、虎目石など、角、木材、石材などさまざま。
漆塗りの印鑑では、絵柄も自由に選べるので、よりバリエーションが増します。

ページの先頭へ